FC2ブログ

773mbar

2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOPスポンサー広告 ≫ GalileoはST7032iと相性が悪い?TOPIntel Galileo ≫ GalileoはST7032iと相性が悪い?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

GalileoはST7032iと相性が悪い?

Galileoに、秋月で売ってるI2C接続のLCDディスプレイ、AQM0802A-RN-GBW を接続してみようと思っているのだが、うまくいかない。
コマンドを書き込もうとすると Failed to write bytes to I2C slave: Remote I/O error というエラーメッセージが出力される。
同時に接続した他のI2Cデバイスとは正常に通信できたので、どうやらこのLCDディスプレイ、もっと細かく言うとその中のコントローラーであるST7032iとの通信が正常にできていないのかもしれない。 ということで波形を確認してみた。その結果がこれ。

20140213_402426.png

ここのデバイスのアドレスは0x3E、画面左側のSDAの波形を見ると確かに0x3E、R/W=0でアドレス自体は正しく発行されている。ってことで各種初期設定関連は問題なさそうだ。

そして問題はその後、SDAが中途半端な電圧になっている。ACK部分がLレベルに引っ張り切れてない。
どうもST7032iはLレベルに引っ張るのが弱いようだ。I2Cバスを1kΩでプルアップするとLレベルに引っ張りきれなくて不安定になってしまうことがあるという事も確認したことがある。
Galileoの回路図を見るとI2Cバスは2.2kΩでプルアップされている。そのくらいだったら大丈夫なんじゃないかと思うのだけど、引っ張りきれないのが原因なのだろうか。
詳細さらに確認中。


スポンサーサイト
Intel Galileo | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。