FC2ブログ

773mbar

2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ GalileoはST7032iと相性が悪い(2)…とりあえず動いたTOPIntel Galileo ≫ GalileoはST7032iと相性が悪い(2)…とりあえず動いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

GalileoはST7032iと相性が悪い(2)…とりあえず動いた

前回に続いて Intel Galileo にI2C接続のLCDディスプレイを接続するテスト。
ST7032iがI2C信号線をLレベルに引っ張る力が弱いのではないかという予想、もしそうであれば、I2Cの信号線をプルダウンして、ST7032iが引っ張れるレベルをQuarkのスレッショルドレベルより下げれば動くかもしれない。
ということでやってみた。
結論から先に言うと、非常に不安定ではあるもののとりあえず動作した。
その時の波形が以下。

20140215_763026_1.png 

とりあえずSDA信号のみ、可変抵抗を経由してGNDに落とし、抵抗値を変化させて様子を確認した。この波形は正常に動作した時。アドレス(0x3E)の送信の後、次のデータ(0x00)が送信されていることがわかる(SCLが動いている)。
カーソルは、エラーが出なかった時のSDAのHレベルの範囲を示している。このとおり非常に狭い。ちなみに正常に動作した時の抵抗値は約1.3kΩだったが、このとおり正常に動作する範囲が非常に狭く不安定なため、仮に1.3kΩの固定抵抗でプルダウンしただけでは実用的な安定性を得られることはなさそうだ。

ということでGalileoにこのI2C接続のLCDを接続するとなると、うまくドライブできるような回路を挟むか、Galileo上の2.2kΩのプルアップ抵抗をもっと大きな値に変更する必用がありそうだ。

ちなみに動作したところか以下。
DSC08323.jpg 

なお、I2C液晶モジュールは秋月の変換基板を使用しているが、その変換基板上にあるプルアップ抵抗は接続していない。


スポンサーサイト
Intel Galileo | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。